一般事業主行動計画

女性活躍推進法に基づく
「一般事業主行動計画」(次世代育成支援推進法と一体型)

社員がワークライフバランスを自ら調和させ、家庭と職場の双方を両立しやすい環境を作ることによって、
その能力を十分に発揮できることを目指すと同時に、次世代の育成においても引き続き貢献出来るよう、次の通り行動計画を策定する。

1.計画期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

2.当社の課題

(1)全社員に占める女性社員の比率が低い
(2)新卒採用者に占める女性比率が低い
(3)年休の取得率が低い

3.目標と取り組み内容
目標1
新卒採用において女性比率30%を目指す
新卒応募における女性比率を上げる
<対策>
・採用活動時に、女性応募者に対して産休・育休の取得について具体的な説明と、実例の紹介等を行い、出産前後も含めて、安心して長く働く事が出来る職場環境が整っていることを知ってもらう。
・採用活動の一環として、積極的に女性社員にも会社説明会に参加してもらい、女性応募者と話し合う機会を作ることににより、今後の自身のスキルUPにつなげてもらう。
目標2
女性の育児休業取得率100%を目指す
男性社員の育児休業に対する理解度UPと育児休暇取得の促進
<対策>
・女性社員に育児介護休業制度の研修を実施し、制度の周知徹底を図る。
・男性社員(特に管理者)にも育児介護制度の研修を実施することにより、育児休業に対する理解を図る。
目標3
所定外労働の5%削減
有給休暇年間5日間以上取得
<対策>
・ノー残業DAYの完全実施に向けた取り組み強化。(会社・労組共同による)
・IT活用による業務の効率化に取り組み、さらなる時短を目指す。
・有給休暇(リフレッシュ休暇、アニバーサリー休暇)の取得促進。
4.その他

当社の女性の活躍に関する状況について
(2018年3月現在)

労働者に占める女性社員の割合13.1%
男女の平均勤続年数の差異男性 19年 女性 14年
新卒採用における女性比率26%

ページトップへ