株式会社神戸マツダ

神戸バレンタイン・ラブランとは

1987年に誕生した日本で初のバレンタインデーにちなんだランニング大会で、今年は2月11日(日・祝)に「2018ユニセフカップ神戸バレンタイン・ラブラン」が神戸のポートアイランドで開催されます。種目は、手をつないでゴールする人気の男女ペア5キロをはじめ、ハーフマラソン(男子・女子)、10キロ(男子・女子)、ファミリー3キロ、駅伝(オープン・女子)の8種目です。
ユニセフ(国連児童基金)の活動を支援するこの大会は「戦争、災害、貧困に苦しむ子どもたちに愛の手を!」をテーマに、参加料の一部はユニセフに寄付されます。
女性にはチョコレート、男性にはランの花がもらえる特典もすっかりおなじみで、仮装ランナー(5キロ、3キロのみ)も歓迎しています。神戸マツダは神戸バレンタイン・ラブランを協賛します。

神戸マツダの思い

1941年創業の神戸マツダは地場資本企業として10年後、20年後の将来へ向かい「安全」「安心」で「快適」かつ「環境にやさしく」「経済的」なカーライフの実現を目指しています。具体的な考え方と目標として「お客様の幸せ」「協力者の幸せ」「社会・環境の幸せ」「地域の幸せ」「社員とその家族の幸せ」の5つの幸せを追求しています。地域の幸せのためには「地域に愛される企業」「元気と笑顔」「地域イベント、防災活動への参加」が重要だと考えております。

神戸の街、そして市民に支えられながら成長してきた神戸マツダだからこそ、神戸バレンタイン・ラブランの持つ意義を大切にしています。愛する街を、愛する人と走ることのできる幸せを噛みしめながら、神戸マツダは「走る歓び」を応援します。

今大会 神戸マツダの取り組み

「走る歓び」を応援する、神戸マツダならではの企画を用意し、「2018ユニセフカップ神戸バレンタイン・ラブラン」をサポートします。

マツダ「CX-8」が先導車として大会を支えます

マツダ「CX-8」が先導車として
大会を支えます

昨年の12月に販売開始されたばかりの、新型マツダCX-8が今大会の先導車を務めます。
ランナーと共に走り、力強くサポートします。

展示車を配置し、会場を盛り上げます

展示車を配置し、会場を
大会を支えます

会場には、神戸マツダより特別展示車を配置します。
お越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

プレゼント企画を用意しました

今大会の協賛企画として、抽選で「走る歓び」を応援するステキなアイテムが当たるプレゼントをご用意しました。

神戸バレンタイン・ラブラン協賛企画

神戸バレンタイン・ラブラン
協賛企画

神戸マツダ
走る歓び プレゼント

当日、会場にてアンケートにお答え頂いた方を対象に、抽選でプレゼント!!